皆さんは設計事務所に対して、どのようなイメージを持たれていますか?
一般の方には馴染みの薄い仕事だと思います。敷居が高いというような声を耳にする時もあります。
確かに敷居が高いように感じられるかとは思いますが、けしてそんな事はありません。
一度でも相談に行ったら、その事務所に頼まなければいけないようなイメージを持たれているでしょうか?
なかなか気軽に訪問して相談できるような感じではないかもしれませんね・・

それとも、設計事務所は「高級住宅」「ちょっと変わった家」とか「予算を気にせず建てられる人」にしか用のないような所
だと思っていませんか?
「新しく家を建替えたいんだが、予算はこれしかないから建売り住宅かハウスメーカーで家を買うしかないな・・」
「設計事務所なんていくら取られるかわからないし・・」
と・・思われているような感じがします。

とんでもありません!

そんな時こそ設計事務所に頼むべきでしょう。
いかに少ない予算で、より質の高い満足できる家づくりをするかが設計事務所の腕の見せどころなのです。
その為に日々研鑚を積んでるのが設計事務所なのですから。
家は買うものではありません。
建主と設計者と工事施工者で協力しあいアイディアを出し合い、一緒に造り上げて行くものなのです。
一生に一度のプロジェクトです。みんなで造り上げて行ってこそ、その家に愛着が沸き大事に暮すのだと思います。

ちょっとドキドキするかと思いますが、直接その設計事務所に行っていろいろ話を聞いてみると良いでしょう。
その事務所の設計に対する考え方とか、過去の事例だとか・・・あるいは設計料だとか。
その事務所の考え方、建築士の人柄や職場の雰囲気に共感できるようであれば設計を依頼してみてはどうでしょう。
もし「ちょっと合わないなぁ〜」と感じたら他の設計事務所を探した方がお互いの為に良いと思います。
設計事務所というものに対して少し理解していただけたでしょうか?



設計図というものは、建主(たてぬし)の、夢、想い、未来をあらわす宝の地図なのです!
私共、建築士は建主様の建物に対する夢や想いを把握し、一緒に夢を見なければたった一本の線すら引けないのです。
そのため建主様の想いを把握するまでに何度も打合せをし、話を聞いて詳細な設計図を完成させるのです。
その設計図面がなければ、建物は完成しません。
よく、ハウスメーカーや工務店などでは設計図面はタダで作成します。設計料は一切いただきません。
というところがありますが、そんなことで本当に満足のいく家が建つのでしょうか?
近年になってテレビ・マスコミ等、メディアの発達によって情報が明らかになってきた欠陥住宅やシックハウスの問題
みなさん一生に一度の何千万という大金を使っての買物に、そんな不安はありませんか?

欠陥が見つかった家などに調査に行き、設計図を見せてください。
と見せていただくと、設計図が5・6枚しかないというところがあるそうです。
そんな話を聞くと、私どもはプロとして唖然とするしかありません・・
「たった5・6枚の図面で家を建てたのか・・」
5・6枚しかない図面では家を建てる上で必要な情報量はとても満足できるものではありません。
裏を返せば、たった5・6枚しか描けない能力の会社であるということですし、
その5・6枚の内容も非常に密度の薄い、スカスカした大雑把なものと言えるでしょう。
通常であれば、一般的な木造2階建ての住宅くらいですと30〜40枚くらいの図面枚数になるはずです。
また描いてある内容の密度も非常にしっかりとした物であると言えます。
それくらいできない会社に何千万円もの建物を託しても良いのでしょうか?


みなさんは、工事監理(こうじかんり)という言葉を聞いたことがあるでしょう?
現場監理人(現場監督)とは違います。
私どもの業務内容の表記には、「設計・監理」となっております。
設計と監理は必要不可欠な、ひとつのセットです。
建主様と何度も何度も打合せを重ねて完成した設計図面。
設計図面自体はかなり詳細に必要な情報を盛り込んでます。
が、しかし! この設計図さえあれば誰が施工しても同じ建物になるなんてことはありえません。
見た目は同じような建物ですが似て非なる建物が完成してしまうでしょう。
最近、欠陥住宅の相談や業者とのトラブル相談が増えています。これは、設計内容の不備・監理者不在
からくる起こるべくして起こった問題です。

ハウスメーカーや工務店は、「設計・施工」がワンセットです。
「設計・監理」がワンセットであるならば論理的に説明もつきますが、「設計・施工」では説明がつきません。
「設計・監理」=建主の要望を設計図面にまとめて、工事現場で設計図通りに施工されてるかチェックする。
「設計・施工」=建主の要望を自社で設計図面にまとめて、自社で工事する。
これのどこにチェックする機関があるのでしょうか?
「私どもでは、第三者によるチェック機関を設けております。」
などと言ってはみても、そのチェックする人間は施工業者から委託を受けた人間でそこに利害関係が発生する
限り、純粋な第三者とは言えません。
私ども設計事務所は、たしかなプロの視点で建主と施工業者を結ぶ、非常に重要なパイプ役なのです。

また、工事現場には様々な業種の業者が出入りします。
全ての業者が設計図面から建主の想いや、設計者の意図を汲み取るなど不可能な話です。
その為に工事監理というものが必要になるのです。
一般の建主が工事現場に行って工事の状況を検査して、設計図との相違を見抜き是正させる為の適切な指導
などできるものではありません。
完成してから欠陥を見つけても遅いのです。

設計だけで監理はいらないから、設計料安くしてという方もいらっしゃいますが、
私どもでは監理抜きでの設計はお断りさせていただいております。
なぜかといえば、私どもで監理しなければ100%設計と違う建物が完成してしまうからです。
完成した建物というのはいろんな人の目に触れるものです。
監理をしなかった為に設計と違った建物ができてしまっても、設計者の名前は世間に出てしまうのです。
「なんか変な家だな・・どこで設計したんだ?」
「あー、あそこ、庄・設計だよ。」
なんて事になります。私どもの信用問題にもなります。




◆ 在来工法ってどうなの?

@在来工法は安くて長持ち!
 日本の木材(スギ・ヒノキ)で建てられた「在来工法」の家は他の工法で建てられた家に比べて工事金額が割高とのイメージがあります。果たしてそれは本当でしょうか。「在来工法」は他の工法より、むしろ安いくらいです。また、高温多湿な気候風土のわが国では、その地域にあった木材(スギ・ヒノキ)を使い、伝統的な大工さんの技術で建てられた家は、世代を超えて長くもちます。「近くの山(日本)の木で家を建てる」のが一番なのです。

A高気密について
 近年、輸入住宅や外国の工法で施工するハウスメーカーなどが増えております。
 カナダやスウェーデン、または日本の北海道など寒くて梅雨もない特殊な地域と日本の本州・・
 外国ではその建築様式でなければ暮らせないでしょう。が、はたしてそれが日本の気候風土に合った建物
なのでしょうか?
 特に山形県(村山地方)などは、五季(春・梅雨・夏・秋・冬)と言われるほど、京都に似た季節のはっきりした
地域なのです。
カナダや北海道では梅雨などもなく湿度が低い地域での、高気密住宅という考え方は成り立つでしょうが、
山形県のような高温多湿地域にその考え方をそのまま当てはめて良いのでしょうか?

高気密住宅というのは、「気密シート」や「気密テープ」などで家全体をビニールでくるんでしまい外気との接触を
すべてシャットアウトしてしまう住宅です。
また窓や玄関などの開口部もできるだけ小さくしなければ効果は減少します。
そういう住宅では部屋の中に空気・湿気がこもり室内環境が汚染されやすくなります。
また壁パネルや建材などから「ホルムアルデヒド」などに代表される有害物質が放出され、気分が悪くなったりすることが現代の社会問題にもなっております。
その淀んだ空気を解消する為に、「24時間換気システム」というものを導入しなければならないのです。
「いつでも新鮮空気で健康住宅」などと謳い文句にしてるメーカーもありますが、裏を返せば「24時間換気システム」に頼らなければ、とても人間が自然に住める環境ではないという事の裏返しなのです。
今回、建築基準法の改正で「24時間換気装置」の設置が義務化されましたが、我々は「24時間換気システム」
に頼らなくても人が健康に住める住宅をこれからも目指していきます。
がしかし、「24時間換気装置」を設置しないと違反建築物になるので、渋々ながら設置はしますが・・。


 
私たちが推奨する「在来工法」の住宅では、「高断熱にする必要はあるが高気密にする必要がない!」ということです。高気密と高断熱はワンセットと取られがちですが、元々別々のものです。
「本当の健康住宅」とは、木が自然に呼吸し窓を開ければ家の中を風が吹き抜ける・・そんな住宅です。
日本伝統の在来工法で建てられていた住宅には、シックハウス症候群などの問題はなかったはずです。

B木の家は地震に強いはず
阪神大震災以来、木造住宅は地震に弱いと誤解されています。
しかし、木材と鉄とコンクリートを、それぞれが同じ重さの時強さがどう違うか(比強度)を比べてみます。すると引っ張り、圧縮、曲げ、どれをとってもスギは鉄やコンクリートより優れています。このように軽くて強い木材で建物を作ると、全体の重さも軽いので、地震に強く倒れにくいのです。

C木づくりの家やまがたネットワーク(山形県木造住宅活性化協議会)
 私たち「庄・設計」では「木づくりの家やまがたネットワーク」の正会員として、山形県の木材を使った
 自然のぬくもりを感じ、丈夫で長持ち、本当の意味での健康住宅を普及させる活動も行っております。
 「木づくりの家やまがたネットワーク」では設計事務所、施工会社、材木店の3業種、約40社の会員が
 勉強会を開いたり情報の共有化をはかり、日々研鑚を積んでおります。
 また、3年かけて本当に満足のできる家を建てる「スローハウス」の提唱もしてます。
 1年目は、ネットワークの会員や一般の方と住宅や木材に関する勉強会に参加し、知識を付けてもらう。
 2年目は、1年間じっくりと設計の期間にあて四季を感じながら自分の理想の家を設計する。
      また、山で実際の樹木を見て自分の家に使用する樹木を決めて、木材を伐採・乾燥させます。
 3年目は、いよいよ工事現場にて施工を行い建物を完成させて、お客様に引渡しします。
 一生に一度のことだから、そこまでこだわって家を建てても良いのではないかという考えの元に賛同した業者が
 がっちりとネットワークを組んで建主と一緒に勉強しながら家を建てていきます。

 木づくりの家やまがたネットワーク(山形県木造住宅活性化協議会)ホームページ
                 ↓
           http://www.kidukuri.net/




みなさんにとって何かと不透明な部分は、設計事務所に設計を依頼するといくらかかるのか?
というところだと思います。
既製の物品を販売してるわけではないので店頭表示価格や標準価格があるわけではございません。
建築物というのはひとつひとつ違うものですし、毎回新しいものを一から造りあげていく作業なものですから。
その事務所によって設計料というものは違ってると思います。
私たち庄・設計では、一般住宅であるならば工事費の10%とさせていただいております。
2000万円の住宅を建てようとお考えなら、設計料はその10%で「200万円」となります。
これはあくまで目安なので、後は予算に合わせて相談に乗らせていただく形となります。

俗にいう設計料というのは、設計監理料のことになります。
設計料の内訳としましては、建築主様と打ち合わせをして図面を作成する、いわゆる「設計料」が70%
その図面を基に実際の現場で施工状況のチェック・施工業者への監督・指導をすることを「監理料」と言い、30%
をいただく事になります。

設計料の料率は、建物の種類によっても違ってきます。
大規模な工場や商業施設の場合は料率が変わってきまして、「5%〜8%」というところでしょうか。
建物の種類や規模により設計料も違ってきますので、詳しいことが知りたい方は一度お話を聞かせてください。

図面描くだけで、なんでそんなに設計料を払わなければいけないんだ!
と、いう声を昔はだいぶ聞かれましたが、最近はユーザーのみなさまにも理解を深めていただけるような状況になってきてる
と思われます。
設計事務所の仕事というのが世間にだいぶ認知されてきたのかな?と思っております。

■ 設計監理業務の主な内容 ■

・ 現地調査
・ 建築主様との打ち合わせ(計画から完成まで随時)
・ 法令のチェック(役所調査)
・ 設計図面の作成、デザイン(基本設計〜実施設計)
・ 確認申請業務(各種申請書類の作成、提出)
・ 施工業者の選定(入札、金額査定)
・ 建築現場の監理(指導)
・ 完成引渡し後のアフターフォロー

業務内容のほとんどが、計画段階から建物完成までの人件費になります。
計画を始めてから完成するまで早くて1年、長い場合だと3年もかかります。
この期間で業務にかかる時間、デザイン料、信頼性、安心度、もろもろ含めまして設計監理料とさせていただいております。
この金額が高いかどうかの判断はユーザーの方ひとりひとり異なると思いますが、一度ご検討ください。

 



※ ただ今制作中です。
 
 
 




1